下町ロケット #1~3

やっぱり池井戸作品面白いねぇ~。



半沢っぽくても、ルーズベルトゲームっぽくてもOK!(笑)

お決まりでもなんでも、こういうすっきりする展開はいいですね~。

勝ち目のなさそうな裁判も、あの弁護士さんのおかげで乗りきれたし、
裁判に勝った途端、手のひらを返したようにやってくる白水銀行への一喝も!

特許売買から、使用契約かと思いきや、部品提供と。。

でも、機械で作った部品と、手作業で作った部品を並べられて、
明らかに違いがあるんだったら、帝国重工は自社製品をやめた方が良いって!(笑)

そこを妥協すると、ロケット飛ばないよ?と誰もが思ったであろう。。

ま、あっさり決まっちゃうと面白くないし、じわじわと見せていただきましょ~。(笑)

次回も楽しみです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください