Dr.DMAT #1

ほとんど期待せずに見ました。


「やる気のあるバカ」が主役のドラマの方が多い気がするので、
今回のように「やる気のないタイプ」がメインというのは、
珍しいですね。

でも能力はありそうだし、だんだん変わっていくところを
見るのは悪くないかもしれません。

そして、「FIRE BOYS」とか、「RESCURE」とか、救出モノと言えば石黒賢さん!
というイメージが付きつつありますが、今回も似たような役で登場。(爆)

ただ、今回は上下関係ではないというところが、ちょっと違うかな?
でも立場は違えど、響にカツを入れてくれる重要な人のようです。(笑)

現場に行った響が「体調が。。」ってアリエナイです!!(爆)
そんな頼りない響に対して、舌にクリップを留めるという応急処置をした桜庭。。
「舌にクリップ」って考えただけで寒気がするんですけど、あの状況じゃ、
それで生死が変わるほどのことで。。「10秒迷えば、命が失われる」にも納得です。

ただ、、その割には響が最終選択をするシーン、長すぎます。(爆)
っていうか、全員があの場にかかりきりって大丈夫??^^;
他にも要救助者はいるだろうに。。

まぁ、響に「観察力がある」ってことを見せるためには仕方ないんでしょうけど(笑)、
それにしてもねぇ。。

そしてあれだけの事故で死亡者ゼロという、奇跡の結果に。(笑)

でも、妹を植物状態にしてしまった。。ってことで、すっかり「背負ってる」目で
見てましたけど(同じシーン多すぎだし!!)、確かに「まだ誰も殺してない」んですよね。。

今後は選択をしまくって、「殺す」現場にも立ち会うことになるんでしょうけど。。
とか思ってたら、次回のサブタイトルが怖いんですけどー!!!

単純に考えると、凜を失うの??って感じなんですけど、
いくらなんでも早すぎますよね??(希望的意見)

最後になりましたが、、DMATって、最近(平成17年)できたんですね!
知らなかったので、それを認識できただけでも、このドラマを見た
意味があったと思います!

とりあえず次回も見てみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください